沖縄の過去、現在、未来をタロットで

基地移転に伴う占拠活動や街宣等何か騒々しく、先行きが案じられる沖縄について、過去現在未来を手持ちのタロット(ライダー版)で占ってみました。

参考: 当たる!タロット占い 特殊なスプレッド〔ペンタグラム〕を参考にさせていただきました。
解釈: Lyrical Cards
リーディングの結果と、簡易な解説を付記。

①過去 杯王 正位置

自己表現に優れた県民の力で、戦後の成長を支え、現在迄互いに歴史を牽引して来ました。
芸術や趣味に力を発揮する特性ゆえ、現実的な経済発展に関してはそれほど価値を置かない県民性はマイナスに作用しがちでした。

②原因 棒王 逆位置

県民のエネルギーが過剰なら傲慢な行動や暴力に、不足であれば実体を伴わない行動や声だけが大きいという状態が現在の状態を招いたのかもしれません。

③現在 杯2 逆位置

何か総意で実現したい想いはあるものの、一方的でバランスがとれていない状態。
県民の意見、というより抗議運動の実現に向けての移住者、来訪者が過剰になった結果が問題になっているのもありますね。

④近未来 棒2 正位置

(カードの画像)左を向いて地球儀を持った男性。
男性の向いている方向は過去を示しています。

過去の頑張りが、時間はかかるでしょうが、次第に未来へ作用していきます。
純粋な気持ちと情熱のバランスが大切です。

⑤願望 金貨2 正位置

(カードの画像)粗末な服を着た大道芸人。
無限大の形∞に繋がれた2枚の金貨を操っています。
背景には、大波を右に進む船。

現在は綱渡り状態ですが、努力によっては収入が無限大の可能性を秘めています。
大波の中、船を操って大海に向かうことも可能になるかもしれません。
実現はさておき、少なくともその想いは大いなるものがあります。
それには、県民に課せられた仕事や義務を放棄することなく、全うすることが大事です。

⑥最終結果 剣9 逆位置
長期に渡って閉塞感に覆われていても、弛まぬ忍耐が良い結果へと繋がります。
窓を開ける(有意義な情報の取得、または他への提供)ことを怠らぬように。

カードの画像では、(ベッドの彫刻に)戦いが見えますが、それは来訪者や移住者による妨害街宣に見られるように、基地が起因するような攻撃ではないでしょう。その色、赤から隣国の脅威を連想させます。
政府が主体となる本土との信頼をしっかり築くことが、希望へと繋がります。


リーディングの感想:
タロットは偶然到来したカードの結果を読んでいますが、そこにはやはり沖縄のイメージが描かれていますね。
脅威と気づかぬまま手を差し伸べる某国に振り回されたり、声高なだけの真っ赤な団体に県民が揺るがされることのない未来を、願います。



ランキングに参加しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





ブログランキングならblogram





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)