タロットで占う、日本と中国の将来

北京でAPECが開催されましたが、この機会に日本と中国の将来を占ってみました。
タロットはライダー版、手法はケルト十字法です。

参照:カードの解説 Lyrical Cards  手法 きつねのタロット
☆は、自分流の解説です。

1. 問題への焦点  聖杯2 正位置

相手とのバランスが取れた交換。カード画像では男女の間に、精神と知性の象徴であるヘルメス神が間に入っています。

☆将来に渡って、豊かな関係を続けられる展望。現在は、一方的な密漁や領海侵入等何かと問題多い両国間ですが、もしかして(中国に)指導者または国民の意識が変革できればいいですね^^。


2. 問題への対応策、今後の障害  剣騎士 逆位置

自暴自棄になっていた(あるいは、今後なりそう)関係。見直しが必要

☆領海に突っ込んでも嫌がられるだけです、過剰な侵略、効果より障害多し。


3. 問題に対しての現状認識、願望  聖杯4 逆位置

重い腰を上げる時期が来ている。時間はかかっても気持ちの切り替えは大事。

☆相互の精神や習慣の受け入れは大事。しかし、障害になるような事はNGです(靖国神社参拝への攻撃、政策への理不尽な非難等)。


4. 問題の過去の状況や出来事  剣2 正位置

自己主張を伝えられずに腹の探り合い、緊張状態。

☆相手に迎合する必要はないので、柔軟に対応しつつ困難な課題は上手く先送りが寛容。


5. 問題への潜在意識や不安  棒9 逆位置

対策を講じても過去の痛みが大きく積極的になれない、不安になっている。

☆弱気になると相手の思うつぼ、自国の歴史や功績に自信を持つことが必要です。


6. 問題の未来の状況や出来事  棒王子 正位置

目標を定めたら、邁進すべし。冒険心をもちましょう。

☆良い知らせが届くように、曲解せず相手に素直になったほうがいいですね。例え一市民の行動でも順当な行いが奏功するかも。


7. 問題への姿勢  聖杯5 正位置

うなだれては損、立ち直るべし。

☆外交関係等に先行き悪いデータがあるからと悲観的になると、うまくいきません。未来への子供達に評価される記録を残すべく、前向きにいきましょう。


8. 問題に対しての周囲の反応や気持ち  剣王子 逆位置

怖くて必要な情報に目をつぶっていては駄目。

☆カード画像が軽装な姿なので、周囲にまだ準備が整っていない様子が伺えます。冷静かつ客観的な判断が必要で、整理したら行動は大胆に。


9. 問題に対しての願望や不安  太陽 逆位置

目標達成にはひとつずつ壁を乗り越える必要があるが、ちと不安で思い切り楽しめない。

☆障害を越え、ともかく情熱を持って、楽しく進みたいものです。安倍総理の提唱する戦略的互恵関係、いいことですね^^b 


10. 問題の最終結果  法王 正位置

伝統や契約に則り、粛々と進むべし。

☆お互いに主義主張、やりたい事は山積しているようですが、まずはルールから外れず法令遵守が第一。
和をもって尊し、の精神で行きましょう。

※全体の感想:破滅的なカードがなくて幸いでした。焦点を示すカップ2は、APECでの握手だと捉えています(表情が不機嫌なのは、却って関係のバランスが取れています)。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





blogramのブログランキング





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)