浅草の映画館が閉館&広島と柏の劇場運営

関東と一部地域限定ですが、昨夜テレ東のWBS(ワールドビジネスサテライト)で都内と広島、千葉県の柏市内の映画館についての内容を放送していました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/
(まだ内容が表示されてないですが…)

詳しい解説は省きますが、とりあえず中身についての情報を。

浅草最後の映画館が閉館 発祥の地から銀幕消える
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/21/kiji/K20121021004381650.html

浅草新劇場、浅草名画座、浅草中映劇場が21日閉館したそうです。
TVでは、常連さんらしき年配の方が涙ぐんでいたのが印象に残りました。
浅草寺参拝の際に傍を通り過ぎて実際に作品を観たことはなかったけど、日本の高度成長時代を
支えた年代に愛された劇場の閉館は本当に残念です。

序破急
http://www.saloncinema-cinetwin.jp/schedule/
次に、広島の映画館、八丁座を特集していました。
芝居小屋を思わせる緞帳やソファのような座り心地の良い座席に、一緒に見ていた親も感激。
遠くでも、一度は広島を訪れて観ないといけませんね。

特集の最後がこちら。
キネマ旬報社が劇場運営に参入
http://www.next-nevula.co.jp/news-headline/

3月に閉館した千葉県柏駅ビル内の映画館「柏ステーションシアター」を映画雑誌を発行するキネマ旬報社と
貸会議室を運営する株式会社ティーケーピーが新たに業務提携、「TKP シアター柏 powered by キネマ旬報(仮称)」として来春オープンするそうです。

こちらも大いに楽しみです。




ブログランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ





blogramで人気ブログを分析





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)