日拝のすすめ

曇天でも、雨天でも昼夜とわず輝き、万物に物質及び霊的な成長を与えてくださる慈母のごとき太陽。

この歳に至るまで敬虔に清新に拝む行為を行って来なかった事を、恥ずかしく思っています。

明治大正昭和の一般庶民のごとく唯、「お天道様、有難う\(^o^)/」 でもよいのですが、

以前に拙ブログで紹介した書籍「古神道の本」に載っている馴染み深い日の神様の名(神咒、祓詞)を使っての拝礼をお薦めします(*^_^*)

【十言神咒】
アマテラスオホミカミ

神道霊学の大家友清歓真が、一般向けの公開神法の一つとして伝授したものだ。
中略
「一切の先入主を思想を去って素直に、清明の一心に住し、一決不疑の地に立ってアマテラスオホミカミの十言を繰返し繰返し毎日三十分以上唱えて御らんなさい。
中略
あらゆる悩みも悶えも解消種々無量の神徳を授けられるもので念仏で後生を願うが如き類にあらず。
神道は幽玄不二の大道でありまして、この十言の神咒の神秘は筆舌の講釈し得る限りでないのであります」
(『古神道秘説』)
以上、「古神道の本」より抜粋。

日拝鎮魂法について
こちらのブログに作法と関連著書の紹介が載っています。
本やネットでも日拝の解説は多いですが、難解な箇所を飛ばして(余力があればじっくりお読みください)各自が可能なペースで実行&理解頂けるといいなと思います。

追記:
先日、アマテラス…を何度か唱えると雲間から太陽が顔をだしました.゚+.(・∀・)゚+.
(偶然かもしれないが)呼べば応える事、なにより放射状に広がる微細な光に畏れ慄き(゚д゚)
神武天皇まとめ
神武天皇のご尊影にある、こんな感じの光です。

正に自然界の生ける神、陽光は大切にしないといけませんね。




天照皇大神
Tシャツを着て形から入るのも乙な方法。
神名Tシャツ




ランキングに参加しています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





blogramによるブログ分析





なまずちゃん 3



スポンサーサイト

コメント

No title

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

No title

>大自然の法則 さま
盲亀浮木、説話を昔聞いたことが有ります。
先祖に手を合わせて感謝は日々励行ですね。
コメントありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する